はやりすたりメンズファッション

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 尿酸値は肥満になると上がりやすい

尿酸値は肥満になると上がりやすい

痛風による患者の数は増える傾向にあり、国民の90万以上と推定されています。

あわせて血清尿酸値も上回る傾向にあります。

痛風発症のリスクが極めて高い高尿酸血症は、男性の4~5人に1人と考えられ、年々増えているようです。

 

 

 

痛風の発症年齢も低年齢化していて、50代だったのが30代へと移行しているようです。

 

痛風は尿酸値という血液中の値が高くなることでなりやすくなる病気です尿酸が血液に溶け込める限界値を超え、尿酸値の高い状態が続くと、血中に溶けきれず高尿酸血症となり、結晶化してしまいます。関節に溜まった結晶が剥がれ落ちたりすると、これを除去しようと白血球が働きだします。こうした白血球の出す炎症物質によって、関節が腫れたり、激痛を伴うことがあります。ただ沈着しているだけの尿酸の結晶では痛風の発作が起こるわけではありません。発作が起こる状況は、大きなストレスを心身ともに感じる動作や運動、著しい尿酸値の変動などをきっかけとして、関節に付着していたその結晶が剥がれ落ちた場合です。

 

 

激痛の原因は、剥離した結晶を白血球が異物と捉えて排除しようと活動したために起こる炎症反応です。尿酸値とは血液の中の尿酸の濃度を差し、一般的に男性の割合が多くを占めています。

 

 

女性はエストロゲン(女性ホルモン)の働きにより、尿酸の体外排出が促進されているためで、閉経を迎えた頃からそういった作用がなくなるので尿酸値の上昇がみられるようになります。糖尿病や脂質異常症、さらに高尿酸血症の患者に共通の特徴として、肥満とかメタボリックシンドロームの人が多いようです。

 

肥満と2型糖尿病を併発した人が減量した時に血糖値が正常な値に近づくことがよくありますが、同様に、太り気味で尿酸値の高い人が体重を落した場合、尿酸値が減少していくという報告が多くみうけられます。脂肪が増えすぎてしまった人は、体についてしまった脂肪を落とす工夫をしてみましょう。

 

スイミングなどの有酸素運動に取り組んで脂肪を落とすようにしてみましょう。また、筋肉量を増やすと基礎代謝が上がり、体脂肪が燃焼しやすくなります。

 

 

また栄養バランスの崩れたダイエットは体に大きな負担がかかりのちのちになって悪影響がでることもあるので注意が必要です。痛風にかかる人の約9割5分は男性です。

女性は女性ホルモンの働きによって尿酸の排泄が促されるので、男性との発症率を比較した場合とても低くなっています。

 

ところが、閉経後にはホルモンの働きが減少し、尿酸値は上がり始めます。

 

そのことから、痛風になる女性は閉経後の人が大半を占めます。正常な尿酸値に近づけるためには、体に負担をかけ過ぎない有酸素運動が向いています。

 

ウォーキングやゆったりとしたペースでのジョギング、サイクリングやアクアビクスなどが当てはまります。

 

それに対して短距離走、筋肉トレーニングといった無酸素運動ですとダイエットには効果があるのですが、急激に負荷のかかる運動は尿酸値を増やしてしまうので、尿酸値を低くしたい方は有酸素運動をこころがけてみましょう。尿酸の生産される量と排泄される量のバランスが崩れて、尿酸プールの容量を上回ってしまうと、高尿酸血症になります。とはいうものの逆に低すぎても低尿酸血症という状態になってしまい、その結果腎不全を起こしてしまいます。

 

 

 

わずかな上昇・蓄積であれば、食品の選び方を改めたり定期的に運動をすることにより改善が短い期間で見込める場合も多くあります。

 

必要以上にある尿酸の排泄機能をパワフルにサポートしてくれる飲み物として脚光を浴びているものは牛乳です。

カゼインという牛乳の中にある成分が、体内にとりこまれてアラニンに変化し、そのアラニンが腎臓機能を本来の状態に導きます。

 

とは言え水を飲むように努めたとしても、尿酸そのものが沢山出るのとは異なり、ただ薄くなるだけのようです。アンセリンのサプリメントおすすめ【含有量すごい!】