はやりすたりメンズファッション

人気記事ランキング

ホーム > 糖尿病 > 糖尿病は気づきにくい病気

糖尿病は気づきにくい病気

食事などから摂取した脂肪は、脂肪酸に小腸で分解され、肝臓に届けられます。しかし、脂質や糖分を摂りすぎ、肝臓に届けられる脂肪酸が増えていくと、肝臓で脂肪酸から作られた中性脂肪がじわじわと肝臓で蓄積されていきます。肝臓に含まれている一般的な脂肪は5%弱ですが、脂肪が5%より多い場合は脂肪肝とされます。

 

血糖値を自分でコントロールするのにいい効果をもたらすのは食物繊維です。

 

 

 

食物に含有している糖は消化器官で吸収されて血流にのっていきます。食物繊維が糖にまとわりついて吸収に時間をかけて、排便とともに糖も体外へ出すようお手伝いする働きがあるため、血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

 

 

血液中の糖の濃度が高いと尿量が増えトイレの回数も多くなります。

 

 

 

そのうえ普通は体内にとどまるはずの水分が排尿されていくため脱水状態になり喉が渇くようになります。

また、エネルギーを作る糖が活用されないことによりしっかりと食べていても痩せてしまったりいつも空腹を感じたり、全身のけだるさや体重の減少などの症状が現れます。

 

その殆どで自覚症状がみられず気付くのが難しいのです。

 

だるい・疲れやすいなどの症状が現れるケースもあるものの、自分で見抜くことは簡単ではありません。

心配な場合には内科のある医療機関で、人間ドックを申し込むことで血液検査があるので、確認は難しいことではありません。血液検査の値からすぐに診断してもらえます。

脂肪肝が恐れられている点は、心臓病である狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった血管系の疾病につながることがあるからです。脂肪肝になるのは、運動不足やカロリーの過剰摂取です。

 

 

食べすぎや飲みすぎを繰り返し続けるとコレステロールや中性脂肪が肝臓に溜まってしまうのです。

 

特に30代~40代の人で脂肪肝が増えており、2倍以上の増加がこの10年で確認されています。

ダイエットをしている時も、肉や魚・大豆製品など良質なタンパク質をしっかり摂取できるような、偏りの少ない食事を意識しましょう。また食物繊維がたっぷり含まれている野菜やキノコなどの食品には糖質の吸収を遅らせるなどの効果が期待できます。

さらにショウガ・とうがらし・にんにく・などは新陳代謝を上げる働きがあるので、体についてしまった脂肪の燃焼をサポートします。初期の糖尿病においては、自覚症状は少なく際立った症状は現れない特徴があります。

 

 

殆どの人は仕事やストレスの疲労からと感じてしまい、すぐには糖尿病が原因だとは考えません。

それで糖尿病の発見が遅れてしまい、合併症がどんどん進行して、気付いた時には状態が悪化していたというケースも決して少なくありません。

 

単純に食事の量を減らしさえすればいいわけではありません。

1日の行動に見合ったエネルギー量は体重、身長、身体にかかる負荷によって人によって変わります。ゆえに、まず自分に必要なエネルギー量を計算によって割り出しいつもの食事量が自分の最適なエネルギー量を超えていないか覚えておく必要があります。料理を小さめなお皿に盛りつけると、量は少なめにしても満足感を得られやすくなります。

 

しかし、お皿が大きいものに盛りつけた場合には、料理のカサを増やさないと満足しづらくなるので一工夫してみると良いでしょう。食材を料理するときは、なるべく油の使用を控えましょう。

 

 

 

茹でたり、グリルを使ったり、電子レンジで熱を通すようにしてみるのもお勧めです。糖尿病腎症を発症すると腎臓で尿を作る機能が低下し、人工透析を行わないと老廃物や不要物などを自力で体外に排出することができず、寿命を短くしてしまいます。ですから、糖尿病腎症になったら、だいたい隔日のペースで病院に通って人工透析を受けるという生活を続ける必要があるので、日々の暮らしに大きな負担がかかることになります。糖尿病にオリゴ糖おすすめの理由