はやりすたりメンズファッション

人気記事ランキング

ホーム > 野菜 > 有機野菜は本当に安全なの?

有機野菜は本当に安全なの?

有機野菜は肥料にこだわりを持ち生産された野菜なのですが、本当に安全なものでしょうか?

 

この有機野菜は別名でオーガニック野菜とも呼ばれ正確には有機農産物と呼ばれている物で、なんとなくのイメージで体に良いものと考えている方も多く人気は高いのですが、普通の野菜との違いについて明確に答えられる方は非常に少ないかと思われます。

 

有機農産物はJAS(日本農林規格)により定められた有機栽培により生産された農産物の事を指しており、認証を受けるにはいくつかの条件が指定されています。

 

まずは農薬・化学肥料・土壌改良剤等の合成化学物質や生物薬剤を畑で3年間にわたり使用しないことが条件となり、昔ながらの堆肥で土づくりを行い有機肥料を用いることになります。

 

野菜の生産に際して化学的に生成された物質を用いないことから安全性が高いのですが、ここで一つ問題になるのは農薬を使わないことで植物自ら害虫や病原菌を無くすための有害な物質を分泌するという点なのです。

 

植物は自身のみを守るための策として有害物質を分泌して身を守るのですが、そうした物質を野菜と共に人間が取り込んでしまうとアレルギー症状を引き起こす場合があるのです。

 

人により体に表れてくるアレルギー反応は大きく変わりますが、時に重篤な症状が出てしまう場合もあり有機野菜は必ずしも安全とはいえないのですが、農薬の人体への悪影響を考えた時にまだどちらの方が安全なのかは、よくよく考えて購入するべきだといえます。子供の青汁の人気を調べました